お肌の曲がり角はすぐそこに!

男女なんて関係ないスキンケア

赤ちゃんのスキンケアは1に清潔2に保湿

赤ちゃんは水分たっぷりでつるつるたまご肌と思われる方も多いですが、実際は皮膚が薄くて乾燥に弱く、気を抜くとすぐに肌トラブルに見舞われてしまいます。
特に肌が少し丈夫になってくる1歳を過ぎるまでは気をつけてケアしてあげる必要があります。
まず大事なのは「清潔」です。
お口まわりなどはミルクやよだれで汚れやすいため、常に濡れている状態を作らないようにきれいに拭き取ってあげましょう。
お風呂で洗ってあげるときは、しっかり泡立てた石鹸でやさしくなでるように洗い、泡が残らないようにしっかりすすぎます。
このとき、強くこすったりしないように気を付けてください。
次にお風呂あがり5分以内に顔、おなか、ひざ裏など乾燥しやすい部分を中心に「保湿」します。
乾燥がひどく気になるときは血行促進作用のある薬用保湿剤を使用し、乾燥を予防したい場合はワセリン等の保護剤を使うなど、上手に使い分けましょう。
赤ちゃんのスキンケアは1に清潔、2に保湿を合言葉につるつるお肌を守ってあげましょう。

デリケートな赤ちゃんの肌にもスキンケアが大切です。

赤ちゃんの肌と言えば、すべすべつるんとした卵肌を思い浮かべることが多いかと思います。
そんな赤ちゃんの肌ですが、とてもデリケート、且つ乾燥しやすいものなのです。
生まれて間もない頃は、油分を多く含んでいますが、1ヶ月を過ぎてくると、乾燥しやすい肌に変化して行くのです。
すべすべ卵肌をつくるためのスキンケアとして大切なのは、おふろで石けんや全身を洗う事ができるシャンプーで、お顔を洗ってきちんとすすいであげることが重要です。
そして大人と同じように、お風呂あがりや朝にしっかり保湿してあげることです。
プラス、できれば、授乳後などにも、ケアしてあげるとよいでしょう。
赤ちゃん用のスキンケア用品は、もちろんベビー用品を購入する必要があります。
毎日使うスキンケア用品なので、「無添加」や「低刺激」、といった商品を選ぶと、より安心ですね。
これらは、手に入りやすい、身近にあるドラッグストアのベビーコーナーでも販売されています。

注目サイト



最終更新日:2019/7/12

『スキンケア 赤ちゃん』 最新ツイート

@munekyun_baby99

赤ちゃんの肌は大人に比べて水分、保湿因子、皮脂量が少なく乾燥しがちなので、0歳のうちから日焼け止め対策、スキンケアはしていたほうが皮膚トラブルになりにくい。

1時間前 - 2020年06月05日


@nana_west

前にNスペのアレルギーの話でもやってた話やね。海外のピーナッツアレルギーの子供と赤ちゃんの時にピーナッツオイルでスキンケアしていたかの相関関係とかもあったような。。スキンケアはワセリン一択やな!と思った記憶がある。

1時間前 - 2020年06月05日


@chun2tamago

この時期の、赤ちゃんのスキンケアどうしてる?? (湿疹で医者からこの時期は保湿要らないと言われたけど 無しにするのビビってる…😵)

2時間前 - 2020年06月05日


Copyright 2015  男女なんて関係ないスキンケア  All Right Reserverd.